警察共済組合が所有していた「ホテルエルム札幌」(札幌市中央区北1条西7丁目)を三信住建(本社・東京都中央区)が取得した。同共済組合が8月に売払いを実施して同社が取得した。20171116_150017 (2)(写真は、三信住建が取得したホテルエルム札幌)

「ホテルエルム札幌」は、警察共済組合の福利厚生施設だった「エルム会館」を2004年にホテルにリニューアルしたもの。敷地面積は約324坪(1071・87㎡)、建築面積は約137坪(454・30㎡)、鉄筋コンクリート造3階建て。延べ床面積は約406坪(1341・76㎡)、高さは13・87m。
 内部は木材を多用、間接光を主体にしている。北海道大学植物園に近いため、シンプルで温かみのある外装が特徴。現在は周囲にフェンスが立てられ休館している。

 警察共済組合から10月10日付で取得したのは、take4(東京都新宿区)、同日付で三信住建に売却されている。土地建物には、同社を債務者としてオリックス(本社・東京都港区)が6億720万円を極度額とする根抵当権を同日付で設定している。

 三信住建は、不動産・建設業のコンサルティング、都市開発、建設を行っており2016年度の売上高は534億4800万円。社長の信田博幸氏は1950年北海道生まれ。長谷工コーポレーション取締役兼専務執行役員を経て06年に三信住建入社し社長に就任している。


6人の方が「この記事が参考になった」と言っています。