不動産開発事業を手掛けるアルファコート(本社・札幌市中央区)は、千歳市内でホテル2棟を建設する。建設場所は、千代田町3丁目と末広6丁目でそれぞれJR千歳駅の西口と東口にあたる。IMG_5804 (2)(写真は、駅西口の千歳市千代田3丁目で進んでいる仮称「ベストウェスタンホテルフィーノ千歳」の建設工事)
IMG_5811(写真は、駅東口の末広6丁目のホテル建設用地)

 JR千歳駅西口の千代田3丁目のホテルは駅大通沿い(国道337号線)で、仮称「千歳千代田ホテル」。約650坪の敷地を利用して鉄骨造地下1階、地上8階建て、延床面積約1587坪で客室数は154室。設計は岡田設計(札幌市中央区)、監理はアルファコート、施工は宮坂建設工業(本社・帯広市)。

 5月に着工しており完成は2018年4月末。ホテル運営の価値開発(本社・東京都千代田区)が「ベストウェスタンホテルフィーノ千歳(仮称)として18年5月に開業させる。JR千歳駅西口の駅大通沿いには、千歳エアポートホテルや3月に130室を増設したホテルルートイン千歳駅前が並ぶ。

 末広6丁目の駅東口に建設するホテルは、仮称「末広6丁目ホテル」。東口ターミナルに隣接した約758坪のうち約316坪を利用して鉄骨造地下1階、地上9階建て、延床面積約1951坪の建物を建設する。客室数は185室。設計は岡田設計、監理はアルファコート、施工は未定。こちらのホテルは未着工。
 ホテルの運営はJR北海道ホテルズ(本社・札幌市北区)が担う。いずれの敷地もアルファコートが賃借する。
 


7人の方が「この記事が参考になった」と言っています。