京阪ホールディングス(本社・大阪市中央区)の子会社、京阪電鉄不動産(同・同)は、札幌市中央区南1条西1丁目で「ホテル京阪」の建設を進めている。ホテル京阪は札幌駅北口に、2009年6月に1棟目のホテルを開業しており、2棟目を大通地区で開業させる。P1090342(写真は、建設が進むホテル京阪の2棟目)

 建設場所は、丸井今井南館の東側でニッセンレンエスコート(本社・札幌市中央区)が時間貸し駐車場を展開している敷地の向かいにあたる。
 敷地面積は約252坪で、そのうち約139坪を使って地下1階、地上14階のホテルを建設する。延床面積は約1905坪。設計・施工は竹中工務店(本社・大阪市中央区)。

 ホテル京阪は、8年前に札幌駅北口の北6西6に200室の宿泊特化型をオープンさせている。札幌駅北口から徒歩数分と近いが、細い通りに面しており『京阪』のブランド力が十分に発揮できているとは言えない。2棟目は、大通公園に近い南1西1に建設、来春にも開業する。商業の中心地でススキノにも近いことから札幌で「ホテル京阪」の知名度は高まりそうだ。


4人の方が「この記事が参考になった」と言っています。