北海道は道税滞納で差し押さえた占冠村の星野リゾートトマムの「ザ・ヴィレッジアルファⅠ」のコンドミニアム1室をインターネット公売する。区分所有者の滞納のため公売に付すものでメゾネットタイプの7~9階約57㎡。見積もり価格は30万円だが、人気リゾート地のコンドミニアムだけに果たしていくらの値が付くか。_20160527_075435(写真は、星野リゾートトマム)

 ザ・ヴッレッジアルファⅠは、1985年に建設された鉄筋コンクリート構造の13階建てコンドミニアム。総戸数は305戸。入札されるのは、B5025号室で、メゾネットタイプの1LDK。

 インターネット公売は、ヤフージャパンのインターネットオークションシステムを利用して道が実施するもので、参加申し込み期間は7月26日まで。公売に参加するためには保証金として6万円を納付したうえで、8月2日から9日までが入札期間。区分所有権の公売となるが、取得後には月約4万円の管理費が必要になる。別途に不動産取得税、固定資産税が必要になる。また、前所有者が未納の管理費22万6300円(2016年6月末現在)が取得者に承継される。

 占冠村の星野リゾートトマムは、昨年12月に上海の商業施設運営会社、豫園旅游(よえん・りょゆう)商城が買収、中国資本になった。施設内では新たに300施設の大型宿泊施設を整備することになっている。30万円が見積もり価格だが、果たしていくらの値が付くか。


8人の方が「この記事が参考になった」と言っています。