新日本有限責任監査法人が主体になって実施している起業家表彰制度「EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2016ジャパン」の北海道地区エントリーを8月末まで受け付けている。北海道で活躍する起業家にエントリーしてもらい、書類選考のうえ10月11日開催のアワード・セレモニーで北海道代表を決定、日本代表への出場権を得る。IMG_8832(写真は、昨年の北海道地区アワード・セレモニー)

 主催は、EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー北海道地区実行委員会。起業のきっかけや現在の成功に至るまでに乗り越えてきた苦難、感動的エピソード、事業拡大のきっかけになった出来事、創業時から持ち続けてきた信念などのストーリーを募集し、後進の育成に貢献できる起業家を表彰する。
 
 社会に対して革新的な価値をもたらしたすべての企業経営者が対象で、創業者のほか代々続く同族経営企業に革新をもたらした経営者、日本で創業した外国人経営者などが含まれる。
 
 スケジュールは、8月末までエントリーを受け付け、9月は地区推薦部会による書類選考、10月11日に北海道地区代表を決める。その後、全国8地区代表から11月29日に東京で日本代表を決定しモナコで開かれる世界大会への出場権を得る。
 北海道地区のファイナリストには、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之氏やハウジングオペレーションアーキテクツの石出和博氏、ジーンテクノサイエンスの河南雅成氏、北の達人コーポレーションの木下勝寿氏がいる。
 エントリーサイトは、http://www.shinnihon.or.jp/eoy/